Civilian Lab Covertバッグ

携帯やらPDAやらでやたら携行品の増えてしまった昨今。今はCivilian LabのCovertシリーズを使ってスッキリ整理。

Scouter

端的に言うと、通常のウェストバッグの大きさを敢えて二分割し、そうすることで体への装着方法の自由度を上げようとしたもの…と私は理解している。下記の図のように色々な付け方が想定されている。

6way

また二つに分割したことで、それぞれの荷物へのアクセス性も向上する。例えば携帯は右のバッグ、財布は左のバッグというように決めておけば、取り出す時に迷わない。また、一つのバッグだとどうしても奥(もしくは下)の方にある荷物へのアクセス性が悪くなってしまうが、バッグを小さく二つに分けることでその「奥」は浅くなる。実際使ってみると、Covertではそういう「奥」は実質上無いに等しい。一つのバッグが小さい上に、内部のデバイダー類が豊富なので、すべての荷物に等価にアクセスできる感じだ。

私はScouter LTというモデルを買った。これのPDA入れがとても便利で、バッグ自体が保護ケースのようなものだから、純正フリップのみでそのまま突っ込める。出す時も脇から抜く感じで非常に取り出し易い。その他、PDAモジュールには財布、ティッシュ、会員証の類いを入れている。もう一方のツールパートには鍵束、タバコとライター、携帯灰皿、ボールペン、雨天時用の小さいビニーリ袋を数枚を入れている。PDAモジュールに携帯を入れないのは、その方が左右の重量バランスが取れるからだ。ただしこれに加えてデジカメを持つ時は、携帯をPDAモジュールに移し、その分空いたツールモジュールのスペースにデジカメを突っ込む。私は使わないので持っていないが、この上にさらにiPodとイヤホンを突っ込むことは造作無いことだ。ミニマムな大きさでありつつもよく入る。

これをほとんどショルダーホルスタースタイルで使用している。荷物の取り出し易さはウェストバッグ以上ショルダーバッグ未満という感じか。脇にアクセスするので多少首が曲がるが、前述したようなアクセス性の良さがあるのであまり気にならない。標準で用意されているリヤストラップをつなぐと、前屈みになった時にバッグが落ちてこないので快適だ。ショルダーバッグではちょっと前屈みになるとすぐにズルっと落ちて来るのが嫌だったのだ。

どうせホルスタースタイルで使うつもりだったから、オプションのGossamer Harness LTも購入した。バッグの重さが広い面に分散され、一日中走っているようなサイクリングでも気にならない。ストラップに配されたリフレクターも自転車向きでいい感じだ。

これのショルダーベルト部にちょっと工夫してDiscovery 640を付けている。携帯本体は常にバッグの中に入っているので、絶対にBluetooth接続が途切れることはない。これが例えばヘッドセットは胸ポケット、携帯はバッグの中というようなことをやっていると、ちょっと荷物から離れた時にすぐに接続が切れてしまうのがストレスになる。実はこれがCovertバッグを買おうと思った第一の理由だった。

そんなわけで私は滅多にバッグを体から降ろさない。クルマを運転するのでも、外食をするのでも、バッグは大抵身につけっぱなしだ。クルマの場合は降りる時にいちいちバッグを手に持って出るのがわずらわしいし、外食中はトイレに行く時にいちいちバッグを持ち直すのがわずらわしい。動けば常に必要品が体についてくるというウェアラブルな感覚が快適だ。

実際の質感は値段相応のものであり、質感にうるさい人でもまあ満足できると思う。チャックや内部デバイダーはかなり丈夫な印象で、この辺はアメリカ製品の良い所が出ているかもしれない。電子ガジェット・小物が多い人にはまずおすすめである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

BlueGPSのPalm版ドライバー

いつの間にやらRoyaltek BlueGPSPalm版ドライバーがリリースされていたので報告。
私はPalmしか持っていないので、これで一気にログ操作が楽になった。

巷ではGPS一体型のPDAの人気が高いようだが、別体型には次のようなメリットがある。

・バッテリーが持つ
・GPSだけ受信感度の良くなる場所に置ける
・好みのPDAを選べる

私は山歩き(サイクリング)が主な用途なので、一日はバッテリーが持ってもらわないと困る。BlueGPSは8-10時間程度持つ上に、その間ずっと内部にログを取り続けてくれる。これはGSP一体型PDAには無理だ。

またログ取りをGPS側に任せてししまえばそれだけPDA側に余裕が生まれ、ログとは別にPOIをPDA側で登録したり、地図とはまったく関係ないPalmwareを立ち上げて使うことも出来るわけだ。

そして受信感度の問題がある。いくら最近のGPSの感度が向上したとはいえ、ポケットに入れっぱなしでは感度が落ちるだろう。別体型ならGPSはザックの上に付けたまま、PDAはベストのポケットに入れておくことができる。

カーナビ用途に使うなら電源が一本化できる一体型の方が便利だろうが、サイクリングや登山なら断然別体型の方が使いやすいだろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Presenter-to-go

PalmでプレゼンテーションできるPresenter-to-goのSDカードバージョンを使ってみたので報告。

ハードウェア

ハードはSD-VGA変換機、汎用VGAケーブル、リモコン、電源アダプターから構成される。

SD-VGA変換機がPresenter-to-goの核心部分だ。VGAケーブルはどこでも売っている普通のものだし、リモコンや電源アダプターはオプションなので、これらを使わずともプレゼンはできる。コード部分は十分な長さが確保されており、通常の会議室程度の大きさであれば、敢えてリモコンを使う必要も無いだろう。

電源アダプターを使う場合、ジャックの形が海外仕様なので、そのままでは日本のコンセントには差し込めない。もっとも1時間程度のプレゼンであればPalm本体のバッテリーで十分持つと思う。

細かいことだがPresenter-to-goの各部品をまとめて収納できるポーチも付いている。Palmでのプレゼンは、荷物をコンパクトにまとめたい時に威力を発揮するだろうから、これはとても助かる。

ソフトは「Presenter」と「Margi Mirror」の二つがあり、それぞれ機能が異なる。Presenterはプゼレン専用のPalmウェアで、PC側で作成されたpdbファイルをプロジェクターに投影する。それに対してMargi Mirrorは単なるミラーリングソフトで、Palm上に表示されるものなら何でもプロジェクターに投影することが出来る。今回はこの二つのうち、Presenterのみを使ってみた。

Presenterの画質とスピード

Presenterは1024*768のピクセル数でスクリーンに投影することが出来る。これはPalm本体のディスプレイの解像度やカラー数には依存しない。実際に投影してみた画質は十分なもので、Palmだからショボいのではないかという心配は無用だ。PCとPalmとの差よりはプロジェクターやスクリーンの質の差の方がよほど大きいだろう。

スライドを表示するスピードも十分。私はT3だが、このぐらいのCPUパワーがあると、写真や画像を多用しても瞬時にスライドを表示することが出来た。

編集機能としては、Palm上でドラッグドロップによるスライドの順番の入れ替え、またはスライド一枚毎に表示/非表示の切り替えが設定できるなど、簡単な編集機能なら現場で臨機応変に対応できる。今回も時間の関係で急遽スライドを半分に減らしたが、それぐらいならPalmだけですぐに作業できた。

まだ試してはいないのだが、スナップバック機能も付いている。例えば4ページ目のスライドを表示している途中に、1ページ目に戻ったり、あるいは他のPalmウェアに移動する必要があったとする。そしてまたPresenterに戻った時は、途中で中断した4ページ目から表示されるというものだ。

また、スライドの画像にリアルタイムでマーカーを付けられる機能もある。スタイラスでPalm上のスライドをドラッグすると、指定した色でアンダーラインを引いたり、マルで囲んだりできる。消しゴムボタンをタップすればマーカー全部がクリアされ、元のプレインなスライドに戻る。機械があったら是非使ってみたい。

Presenter起動中で、かつSDスロットにSD-VGA変換機がささっている場合、Palm本体の電源オートオフ機能は無効になる。これによって、プレゼン中に急にPalmの電源が切れるというみっともない事態は避けられる。(ただしPresenterを起動しただけではオートオフ無効にはならない。SD-VGA変換機がささっていて初めて無効化される。)

スライドの作成

スライドの作成はもちろんパソコン側で行う。Macの場合はPowerPoint経由かもしくはプリンタドライバ経由でPresenter専用のpdbファイルを作成する。私はPowerPointを持っていないので、専用プリンタドライバを使ってpdbファイルを作成した。プリントできる書類なら何でもpdb化でき、印刷した時のページ区切りがそのままスライドの区切りになる。

だからスライドを作り始める前に用紙設定を行っておくことが重要だ。最初A4あたりに設定しておいて、後でPresenter用の用紙設定に変更すると、レイアウトがぼろぼろに崩れてしまうのだ。

ところでOS X版の専用プリンタドライバはバグの嵐で、本来作成したサイズとPresenterで出力されるサイズが極端に違うものになってしまう。ので、事実上OSXでは「使えない」と断言して良い。OS9版の方は過不足なく動くので、今回はOS9を起動してpdbを作成した。9起動できないマシンではPresenterではなく、ミラーリングソフトであるMargi Mirrorを使わざるを得ない。

粗すぎるプレビュー

Presenterは、実際にプロジェクターを使った時の画質は十分なのだが、Palm上でのプレビューが凄まじく粗く、何が書いてあるのか判別できないぐらいに酷い。例えばPalmだけで一人予行演習する時も今ひとつ気分が乗らないし、プロジェクター無しでは満足に人に見せることもできない。

その対策として、全てのスライドをjpegなどの汎用画像形式に変換しておくのがいいだろう。それをインストールしておけば、画像ビューアできれいに表示することが出来る。実際今回は、プレゼンに参加できなかった人に後でスライドを見せる必要が出て来たのだが、この対策をしておかなかった為に大変困ってしまった。

とにかくこのプレビューは、OSXへの不完全な対応と同じぐらいに痛い。せっかくのマーカー機能も、スクリーンを凝視しながら手元のpalmを操作するというぎこちない動作になってしまう。

総論

OSXへの対応が不十分なのとPalm上での表示が粗すぎることを除けば、画質も良く、使い勝手もいい。その二つの不満も、付属のMargi Mirrorを使ったり、別途画像ビュワーを併用したりすることで解決できる余地はある。

ノートPCに比べての不満は、palmだけでスライドそのものを編集できないということだろう。まあPalmというのは母艦PCあってのPalmなので、別に不思議なことではないのだが…。

できるだけ現場で柔軟な対応が出来るようにする為には、普段からあらゆる種類のスライドをpalmにインストールしておき、必要に応じて引っ張り出して来て組み合わせるという使い方も考えられる。幸いPresenterは複数プロジェクトに対応しているので、大量のスライドもすっきり整理して納めることが出来る。もちろん異なったプロジェクト間であってもスライド一枚毎にコピー&ペースト可能だ。

とにかく小さなPalmだけでプゼレンできるのはとても気持ちのいいことだ。黒いノートPCにPowerPointという組み合せは、やっていること自体は変わらないのだけど、何となく食傷気味の風景でもある。ここは一つコンパクトなPalmらしく、本当に必要なものだけをスライド化して、あとは喋りで勝負するというスマートなプレゼンができたらと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

GPSは登山革命

Garminなどが日本で流行り出した頃は、まだGPSレシーバの感度が十分でなく、ちょっとした樹林帯に入るとすぐに衛星を見失ってしまった。仲間と一緒に山に登ると、しょっちゅうそういうことが起こるので、失笑の対象にすらなっていた感がある。ここで多くの登山愛好家がGPSを見捨ててしまった。

ところが今のGPSは違う。かなり鬱蒼とした樹林帯や谷底でもめったに衛星を見失うことは無い。精度も問題無く、地図上の登山道をきちんとトレースしてくれる。あまりにもあっけなさ過ぎて、まるで現実感が無い。何しろ今までは、地形図の細かい等高線を読み、高度計とコンパスを駆使してなんとか現在地を推定していたのだから、ボタン一つで現在地を表示してくれるGPSには何か狐につままれたような気分にさえなる。10年以上地図とコンパスで山歩きをして来た身に取っては、登山が登山と思えなくなって来る程の、まさに革命的な出来事であると言えよう。

もちろんGPSに頼らない読図力というものは必要である。例えば電池が切れた時、あるいは落としたり転倒したりで壊してしまったその時、「私、地図は読めません」では無事に帰って来ることができない。GPSを過信せず、基礎的な読図力を付けてから山に挑むべきだ。

という正論も、今はどこか虚しく響く。何しろGPSは、どんなベテランの読図よりも早くて正確なのだ。それに読図と言っても、二点三角法等で正確に現在地を割り出すことのできるケースの方がむしろ稀だ。多くの場合は「推定現在地」に過ぎず、その推定を元に歩き続けてからやっと、その前の読図の成否を判断できるといった具合だ。GPSならボタン一発で済むものを、そんなあやふやな技術を習得したがる人がいるだろうか?

高度計が出回ったときはまた事情が違った。例え現在高度が分かったとしても、同じ高度の場所は地図上では理論上無限大に存在する訳なので、やはり読図力というものが要求される事態に変更は無かった。高度計は絶大な武器ではあったけども、使いこなす為には伝統的な読図力が必要で、読図ツールの一つの域を出ることは無かったのである。

GPSであっても、もしそれが地図付きでなかったなら、ぎりぎり読図ツールの一つであると言えたかもしれない。なぜならGPSが示す経度緯度を自分で地図上にプロットしなければならず、これは技術の一つであると言えるからだ。ところが今のGPSはなんとかして地図を入れることができてしまう。現在地が地図の上に表示されているのなら、もう地図を「読む」必要などは無い。そこにあるのはただ単に地図を「見る」という作業だけだ。道路地図を見ながら町中をドライブするよりも簡単なことになってしまうのだ。

だからもしこれからGPSの購入を考えるなら、純然たる薮こぎのような特殊な用途に特化する場合は別として、地図を入れられる機種が断然お薦めだ。どうせGPSを導入するなら、とことこんラクができた方が感動も大きいだろう。

また、GPSは実際の使用シーンである種の矛盾を抱えていることも覚えておいて損は無い。GPSの感度を上げる為には、上方に障害物がない場所に設置するのが望ましい。例えば頭の上とかザックの上とかだ。しかし頭の上というのはかなり奇特なルックスになるし、ザックの上では歩きながら取り出すのが難しくなる。かといってポケットに入れておいたり、ストラップで首から吊るすのでは、感度が犠牲になってくる。このように一体型GPSでは、感度の確保と閲覧性の両立が難しくなって来るのだ。Garminなどを使っている人が、現在地確認というよりログ取り(自分の歩いた軌跡をGPSに記録する)に使っている人が多いのには、こうした矛盾も一役買っているように思う。

そこで私は、GPSとPDAが別体になったものを使っている。GPSはザックの上に固定、PDAはベストのポケットに入れておいて、両者はBluetooth(無線)でリンクされる。こうするとGPSを感度良い状態に保ち、なおかついつでもポケットからPDAを取り出して現在地を確認することができる。結果的にバッテリーも一つ増える訳なので、電池の持ちもよくなる。ログ取りはPDA側で行うこともできるが、できればGPS側にその機能を持つものを買った方が良い。というのは、PDAは普通にメモを取ったり(携帯の電波が入れば)ネットにつないだりできるので、常時ログ取りに占有されているよりも遥かに使いでが出て来るのだ。

私の場合は主に旧道調査のメモ取り、そして銀塩カメラの露出データのメモ取りに使っている。そういうメモを取る必要のある人に取っては、PDAは唯一の選択肢となるであろう。なぜなら、紙とボールペンでは雨の中メモを取ることができないからだ。それがPDAとAquapacの組み合せなら、どんなどしゃ降りの雨の中でも平気でメモを取れる。他、幸いなことにまだ活用したことは無いが、ケガや病気に対する応急処置マニュアルなども入れてある。同行者がいるなら、彼らの緊急連絡先や住所などを入力しておくのも良い使い方だろう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

T5とT3

ついにT5正式発表。

http://www.palmone.com/us/products/handhelds/tungsten-t5/

噂通り、やっぱりスライド無し。T3のスライドは、持ち運び時コンパクトにするためと説明される事が多いけど、PPCは既に縦に長いのが多いから、それでも問題ないっていうことなんだろう(たぶん)。

それよりも自分はバーチャルグラフィティエリアっていうのが好きになれない。あれが同一画面内にあると、写真の下に妙な余白でもあるかのような、デザイン的なアンバランスが目立って嫌なのだ。そんなわけでハイレゾ非対応のソフトはほとんどスライドを閉じて使っているのだが、T5ではそれができなくなってしまう。なんだかんだ言ってもまだ非対応のソフトの方が多いぐらいなので、そういう時はいつもバーチャエリアを目にしなくてはならない。

神経質な事を言っているように思われるかもしれないが、PDAとか携帯電話とかいった小さなモバイル機器は、手でホールドした感じだけで買う気になったりならなくなったりするような、そういう繊細なものだと思う。敢えてTungstenやZireを買うような人は、多かれ少なかれそういう細かい部分が気になるからこそクリエやPPCを避けているはずだ。

逆にスライド無しでうらやましいのは、可動部を持たない故の剛性の高さだろうか。スライドさせるとどうしてもカタカタ動いてしまう。手の中でカタカタ動けば、それを押さえようとして、つい手に力が入っている事も考えられる。慣れたような気になっても、長時間使った後の手の疲れに差が出て来たりするかもしれない。まあそれ以前に、がっしりした小さなものを手で握る事それ自体快感でもある。T3もスライドを閉じれば剛性感は高いので、ここでもまた閉じて使う理由が出てくる。

というわけでT3は基本的に閉じて使うものと思っている。そこがT5との、スペック以上の使い勝手の違いになって現れてくると思われる。つまりハイレゾ非対応ソフトを使う割合が多いならT3、そうでないならT5という具合に自分の必要性を見極める事が出来そうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

T5 スライド無し?

確かにT3のスライドは賛否両論だったけど、自分の用途にはとても合っていたのでちょっと悲しい。

Trackerなどの地図ソフトや写真を見る時はハイレゾの威力は絶大だ。だが、mandal-artを使う時は縮ませた状態で使った方がしっくりくるのだ。ちょっと写真で雰囲気が伝わるか自信が無いのだが、

tidimi.jpg これが縮んだ状態。

nobasi.jpg これがハイレゾ状態。mandal-artはハイレゾ非対応なのでグラフィティエリアは消せないが、消えればいいというものでもないと思う。

うーん、やっぱり写真だと雰囲気が伝わらないかな…。まあとにかく、mandal-artというのはアイデアを出したり考えをまとめたりという結構繊細な作業をするソフトなので、画面の縦横比や画面の中のゴチャゴチャ度が結構気になったりするのだ。ちなみにT3の前はm505を使っていて、グラフィティエリアは絶対に消せなかったわけだが、それは別に気にならなかった。どうしてそういうことになるのか自分でもよく分からないのだけど、おそらくmandal-artを使っている人は皆同じような印象を持つだろうと思う。果たしてスライド無しのT5で、mandal-artは快適に使えるだろうか。「ならZireを買え」と言われそうだが、地図は絶対に外せないので、その時はハイレゾにしたい。こんな自分にはT3のスライドはとても便利だったのだが…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)