飲酒運転者への制裁が市民の安全よりも優先されてはならない

連日の飲酒運転・ひき逃げ事件の報道が、実際にそういった事件の増加を反映しているのか、それとも何か別の意志が働いているのか分からないが、とにかくフツーに暮らしている善良な市民をビビらすには十分すぎる効果がある。

例えば飲酒取締りから強引に逃走、そして警察が追跡、その末に無関係な市民が事故に巻き込まれたとする。さてあなたならどの立場に一番シンパシーを感じるか? 公務員系のお仕事なら追跡した側の警察官かもしれないし、飲酒運転をたびたびする/していた人なら犯人の側に何かを感じるかもしれない。だがそのどちらにも属さない私などは、巻き込まれた市民の側に一番シンパシーを感じてしまうのである。

身勝手なようだが、一介の小市民たる私にとって最も大切なのは自分自身の安全である。もちろん最も恨むべきは犯人だ。しかし彼の逃走のせいで寝たきりになってしまったとしても、もしあの時警察がそこまで執拗に追跡しなかったら、もしここまで飲酒運転が厳罰化されなかったら…と思ってしまってしまったところで、誰に責めることができようか? いや、最も憎むべきは飲酒運転であり、だからその社会正義の為に私が犠牲になっても仕方がなかったのだなどとは、とても納得できるものではない。

結局、脅威なのは事故そのものである。事故を減らす為にこそ、飲酒運転の厳罰化と取締りがあるのであって、その取締りの為に無関係な市民が病院送りにされたのでは本末転倒もいいところだ。飲酒運転手をギャフンと言わせてやりたい気持ちは分かるが、一旦それはリセットしてみよう。彼に対する鉄槌が一介の市民の安全よりも優先されることはないはずだ。

もちろん彼がうまく逃げ切った結果、どこかまた別のところで事故を起こす可能性はある。だがそういう「たられば」的可能性の為に、今ここで私やあなたが犠牲になる必要はないし、またそんな犠牲はいかなる正当化も出来ない。

実際のところ、罰則については今のままでもう十分だ。映画やドラマでは、「一人殺そうが二人殺そうが同じだ!」などというセリフがよく出てくるが、今の罰則はもうそこまでいっていると思う。これ以上厳罰化したところで犯人の心理的負担は変わらないと思うので、特に賛成も反対もする理由はない。世論が…というならその世論とやらの気のすむところまで厳罰化すれば良い。

しかしそれに応じて、警察の追跡時の安全確保がより厳しく問われるべきなのは強く強調しておきたい。もし追跡の為に私もしくは私の家族が犠牲にあったら、私は断固として警察も訴える。ただ単にヨッパライを追いかければ、その辺で信号無視しまくって誰かをひいてしまうのは、火を見るより明らかだ。そんなことをして「追跡は適切であった」などと言われても絶対に許すことはできない。

同時に、さらに増加を続けるであろうひき逃げ対策も十分問われるべきだ。あまり大きい声では言いたくないことだが、ひき逃げの検挙率は40%程度しかないという。特に飲酒が絡んでる場合は自首してさえ厳罰なのだから、ならば2人に1人以上は逃げ切れる可能性にかけたくなったとしても無理はあるまい。

その為に具体的にどういう措置をとればいいのかは私にはわからないし、第一それこそ警察の真の仕事であろう。ただ一つ確かなのは、厳罰化とこれらへの対策は両輪の輪であることだ。厳罰化を望む国民の側も、それは強く認識して欲しい。ただ単に厳罰化しました、取締りも増やしましたでは、この先犠牲者が減ることはないどころか、新たな種類の危険を産み出しているとさえ言えよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アイドリング車両

私は現在家で仕事をしているので、周囲でエンジンをかけたまま駐停車しているのは大変気になる。特にこの時期はエアコンファンの音がうるさい。断続的にウォーンウォーンとうなりを上げるそれは、路上を通過する車の騒音とは違ったうっとおしさがある。

本日の招かれざるお客は、タクシーとベンツである。これはかなり珍しい。これまでこの手のアイドリング車は、たいがい小型の営業車ばかりであった。だが最近は客層(?)が変化してきている気がしなくもない。会社の営業車は減りつつあり、その代わり今回のような珍客が増えつつある。

最もあきれたのは、区役所絡みのアイドリング車両が二件も立て続けにあったことだ。しかもその二台とも、クルマのドアにでかでかと「○○区なんちゃら事業」と書いてある。あの連中は食いっぱぐれの恐れがない為か、車両の運用についていささか緊張感に欠けているようだ。

ちなみに私自身もトラックの仕事をしていたことがあるが、その時代はまだ黒煙履きまくりのディーゼルエンジンだった為、間違っても住宅街でアイドリングなどできる代物ではなかった。暑い時はクーラーを入れながら休みたくもなったけども、荷物の積み降ろしが体力的にハードな為、下手にエアコンをかけると逆に体調を崩してしまう。だからエンジンは止めて窓を全開にして弁当など食べたものだが、それで別に辛くはなかった。

まあ、それは私個人の事情である。偉そうに俺に習えなどと言うつもりは無い。ただ、現在はアイドリングストップ条例という法律があり、公的な大義名分がある。だから私は私の昔話などせず、違法駐停車車両があれば問答無用で通報させて頂く。110番すればこちらには何のリスクも無いし、警官も10分程度でかけつけてくれる。もし会社のクルマであれば、その会社の広報にも連絡している。組織の看板を背負っている以上、その咎は組織の咎である。

常習等の悪質なケースに備え、常にビデオカメラもスタンバイしているが、幸いまだその出番は無い。実は通報する前に自分で直接言いに行くことも多いのだが、これまではすべてのドライバーがすんなり応じている。つまり当人も、悪いことをしているという意識が多少なりともあるのだろう。なら最初からやるなと言いたくなるのだが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「質感」てナニ?

クルマでもカメラでも何でも、モノとしての「質感」の善し悪しが話題になる事が多いが、これは厳密にはどういう意味なのだろう?

クルマなら例えばチリが合ってるとか、塗装に変なムラがないとか、そういうのであればわかるのだけど、彼らの話を聞いていると、必ずしもそういうことではないらしい。例えば「インパネの質感が悪い」という時、別にあちこち叩きまくって立て付けをチェックしたわけでもなく、ただ単に見た目の問題として捉えられている事が多い。

カメラでもそうだ。「あのカメラは気になってたんだけど、お店で実際見てみたら質感が悪くてガッカリした」などと言う。ただ単に見た目の問題なら、かっこ悪いとかいいとか、あるいは好き嫌いだけ言えばいいものを、なぜわざわざ質感などという言葉を持ち出したがるのだろう。

試しに英辞郎で「質感」という言葉を英訳してみる。すると、「texture」という事になるのだそうだ。このtextureを逆に和訳すると、「生地、織り目、組織、構成、きめ、風合い、テキスト性」ということになるらしい。生地、きめ、風合い。どうやらこのあたりにヒントがありそうだ。

すなわち高級な生地に触れた時の肌の感触、ひとたびそれを知れば、流れるような絹の写真からその肌触りを想像できるようになる。彼らの「質感」はきっとこれに近い。ただ単に見た目のことならず、どこか手や肌に触れた時の感触のようなことをイメージしながら善し悪しを語っているのではないだろうか。

とはいえ実際に目をつぶってそれを撫で回してみたりはしない。とりあえず手には取るだろうが、やはり見た目で判断される部分が大きい。つまり実際の手触り等はまた別の評価項目として独立しており、「質感」とは例えば、触らないでも触った時の心地よさを想起させてくれるような、あるいは実際に触り心地は悪いんだけども見た目は感触が良さそうな、二重三重にバーチャルな見立てによって成立している気がしなくもない。

一方、研究社の英和中辞典で訳すと、「the feel of a material」ということになっている。これもなかなかうまいところを付いている。materialには素材や材料という意味があり、もちろん全体としてのカタチの意味も無くはないのだろうが、全体としてのデザインやまとまりよりは、鉄やプラスチックといった素材そのものを重視していることを教えてくれる。この感覚は、どんどんディティールに入り込んでいきがちな日本のモノ作りの伝統と関係しているようにも思える。日本の伝統的なモノ作りにデザインが欠けていたとは思わないが、少なくとも工業製品に関していうと、全体のデザインよりは細部の方が得意だと思わされる事が多い。それで消費者の方も、全体のデザインを真剣に検討するというよりは、各パーツの仕上げの良さなどをつぶさに見ている事が多いというわけだ。そう、おそらく「質感」の対に当たる言葉は「デザイン」だろう。後者はただの好きずきで片付けられるのに対し、前者はそういう怠惰な個人主義を飛び越えて割とおしつけがましく語られたりする。いかに彼らにとって「質感」が大きな評価項目であるかが伺い知れよう。

私もその評価軸は分からないでも無い。例えばよく磨かれた刀は、見ただけで鋭く、冷たいものだ。ただ、その質感とは機能の一部であり、デザインの一部であり、決してその域を脱する事は無いと思う。錆びた鉄だってデザインすれば芸術になる。安っぽいプラスチックでもそれを前提にデザインされていればマイナスにはならない。どうもそういう全体的な脈絡を切り離して、個々のパーツだけねちねちチェックするような風潮があるような気がする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)