座椅子でパソコン

T-5016N_S.jpg

その筋では超有名な長大作の低座椅子。座面や背もたれが思いのほか巨大でその分座り心地が良く、背もたれの角度や座面の高さも絶妙で、実に素晴らしい座り心地なのだ。オサレ系の人達は興味ないかもしれないが、普通の家に置いて埋没するでも無く自己主張するでも無くの存在感はまさにデザインの勝利という感じ。そして同じデザイナーチェアでも、イームズあたりに比べるとべらぼうに安い。というか死ぬ程安い。

今回実家の方で初めてパソコンを導入するというので、この座椅子を使ってみることにした。一方でこれに合う高さの机が市販品では難しく、机つくりま専科というところでフルオーダーをかけてみる。ここのサイトの写真を見ていると質感の点でちょっと懸念があったものの、実物の質感は遥かに高く、特に天板の質感が素晴らしい。それに剛性感が良く、ちょっと手をドスンと置いた時も不快な振動は一切ないし安っぽい音も立てない。この質感でフルオーダー、しかも大きめの天板を作ってもらって値段は4万円台。かなりお買い得だ。

さてこの組み合せでパソコンを使ってみた結果だが、ほぼ狙い通りの快適さだ。低座椅子はしっかりと背中をホールドしてくれるし、座面も巨大なので座り心地が良い。机もパソコン用途を見越して低く作った(椅子の座面と机の天板の間隔を通常より狭く取ったという意味)のでキーボードやマウスが快適だ。何より、ちゃぶ台と座布団のある空間に同居させても圧迫感が無いのがいい。ここに通常の高さの椅子と机を置いたらうっとおしくてしょうがないところだ。実家はフローリングとカーペットの組み合せであるが、畳敷きの部屋に置けばもっといいだろう。和の空間にワークチェアとワークデスクを導入したいと思っている人には超お薦めの組み合せである。

| | Comments (1) | TrackBack (0)