« January 2010 | Main

フォトエントランス日比谷 ファイナル写真展 「銀塩主義」

http://www.fujifilm.co.jp/photoent/gallery/gallery_info.html

プロもアマも含めた総勢100人による、銀塩(フィルム)だけの写真展。これを最後にこのギャラリーは閉鎖される事となっており、その為もあってか、衰退に継ぐ衰退を繰り返す銀塩写真のイメージと重ねられ、無意識的にではあろうがフィルムへのオマージュ的な様相を呈している。

だからいかにもコンテスト狙い的な「作品」や、他者と差別化せんが為の自己主張は影を潜めている。それよりもそれぞれの撮影者の、フィルムと長い時を過ごしてきた思いが、飾り気無く伝わって来る。

だからこの100作品は、そのまま私達のアルバムであるとも言える。普通の人が普通に取り溜めたアルバム。そんな写真でしみじみ出来るのはやはり銀塩ならではと思う。表現のツールとしてならデジタルもアリかもしれないが、普通の人生の普通の時を刻むならやはり銀塩が相応しい。

この写真展は、そういう銀塩の良さを余す事無く伝えてくれると思う。銀塩ファンもそうでない人にもぜひ訪れて欲しい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2010 | Main