« スライドプロジェクター クセノンとハロゲンの画質の違い | Main | ルーペ不要論 »

中判プロジェクションへの悩み

ぶっちゃけ35mmクセノンプロジェクターで個人的には「上がり」なのである。重いとかうるさいとか将来のランプ供給が不安とか、そういう画質以外の要素では色々悩むところがあるが、画質面では本当にパーフェクト。何の不満も無い。

だから例え相手が中判プロジェクションであろうと、それが250W程度のハロゲンランプである限り、まったく負ける気がしないのだ。プロジェクションの場合は粒状性はさほど気にならないし、いくら細かい描写ができたとしても、その明るさではフィルムの能力を100%再現できない事は既に私達は学んでいる。

とはいえ、実物を見ずに予想ばかり立てていても仕方が無い。現状に不満があるわけではないが、もしさらに上があるなら見てみたいと、そういう好奇心でもって中判プロジェクターを調べている。現行で新品で手に入るのはローライとkindermannの6×6、Goetshmannの6×7ぐらい。日本では余り知られていないようだがGoetshmannというのは高級プロジェクターメーカーで、例えばG8585 S2というモデルは、なんと1200Wのメタルハライドランプを装備している。ただしクルマ一台ぐらい買えそうな値段になるかもしれないので、もう少し現実的なところではG67Pというモデルがあって、こちらはハロゲン400Wながら、なぜか6000ルーメンもの明るさがあるという。下位モデルのG67が1000Wハロゲンなのに3000ルーメンにとどまっているのを見れば、G67Pがとんでもなく高い効率を持っている事が分かる。

ただしGoetshmannの場合はメインが6×7で、6×6はプッシュプルキャリアという手差しキャリアオプションを使う事になるらしい。で、私が欲しいのは6×6なのだ。たまになら手差しも良いが、いつもそうだとなるとちょっとやってられない。そうなるとローライかキンダーマンの方が良いという事になるろうが、そうすると今度はハロゲン250Wしかないというジレンマにぶちあたる。中判は35mmと違って色々なフォーマットが混在しているから厄介だ。中判プロジェクターを作るメーカーが少ないのも、案外その辺に原因があるような気はする。

|

« スライドプロジェクター クセノンとハロゲンの画質の違い | Main | ルーペ不要論 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中判プロジェクションへの悩み:

« スライドプロジェクター クセノンとハロゲンの画質の違い | Main | ルーペ不要論 »