« 読売、中国の手に落ちる | Main | ムルティプラに乗ってきた »

小学校の算数は回りクドすぎる

計算問題得意でも文章題には? これが小中学生の実態


といいつつまた読売からの記事引用だけども。

「0・6メートルの青いテープと、1・5メートルの赤いテープがあります。青いテープの長さは、赤いテープの長さの何倍でしょう」という問題の正答率は、小学5年で47・1%。計算式を作ることができたのも51・2%にすぎなかった。

のだそうだ。


これだけ聞くとさも意味の理解を二の次にしたテスト偏重教育であるかのように聞こえるかもしれないが、事実は全く逆で、小学校の算数においてはかなりの時間を数式の意味の理解に割いている。

ただちょっと、その意味の理解のさせ方がクドすぎるのである。例えばかけ算においては、「かける数」と「かけられる数」の違いをかなり重要視している。数学的には2×3=6も3×2=6も等価であるにも関わらず、場合によっては2×3=6のみが正解3、3×2=6と書くとバツを食らう時もある。しかし答えは同じ6なので、児童はここで混乱しがちなのである。

数学的に差異がない以上、言葉で概念を説明する他ない。しかし実はこれはかえって難しいことである。楽譜を自然言語で言い換えたらとんでもないことになるのと一緒で、数を表現するには数式が一番効率が良く、また理解し易い。それを自然言語に置き換えるのは、かえって難易度の高いことなのだ。

だから小学校の算数の文章題を見ていると、ときどき算数の問題なのか国語の問題なのか分からなくなることがある。しかもわざと式を立てにくくしているようなところがあって、これでは算数本来の理解の前に、文章の理解の方が先に立ってしまう。そういういらぬお世話的な蛇足は、実は同記事からも伺い知ることが出来るのである。

「6リットルは、何リットルの1・2倍か」という問題では、「6×1・2」「1・2×6」「6÷1・2」「1・2÷6」の四つの選択肢から回答を選ぶのにもかかわらず、正答の「6÷1・2」を選んだのは、小5で50・3%。中学生でも65・4%にとどまった。

確かにこの問題の中学生の正解率65・4%というのは低すぎるように思えるだろう。だがここにヒッカケがある。

大人であるあなたがこの問題を解く時、どういう手順を取るか考えて欲しい。ほとんどの人は即座に「6÷1.2」という数式が浮かぶだろう。そして一瞬で式と答えを書き、それで終わりだ。だがこの問題においては、四つの選択肢をひとつひとつを吟味するという作業がまだ残っている。作業行程が一つ増える分だけミスが起こり易い。だから、ただ単に「6リットルは、何リットルの1・2倍か」という問いであったなら、正解率はもっと上がったはずなのだ。余計な「四つの選択肢」がかえって正解率を低めてしまっているのである。

トラップはもう一つある。仮に選択肢を提示するのでも、「6÷1.2=5」「1.2÷6=0.2」と答えまで記されていたなら、正解率はもっと上がるはずだった。答えの数があまりにもかけ離れているので判別し易くなるからである。だが敢えてそうはせず、「6÷1.2」「1.2÷6」とわざわざ見間違いしやすいように式を二つ並べた。これは被試験者のケアレスミスを誘うことによって、児童の注意力を試そうとしているのだ。そしてそれは、算数本来の理解とは何の関係もない。強いて言うなら、得られるのはテストで高得点を取る心得のようなものでしかない。

そもそも実社会で演算する必要のある時に、いくつか選択肢の提示されることなど有り得ない。それでも選択肢を用意するのは、良くてヒッカケ、悪くて単に採点する側の都合だ。教育側がそんな事に終始すればするほど、子供達の理解は遅れていく。

特に小学校の算数では、意味を理解させようとするあまり手続き主義に似たような教科内容になっており、児童たちは答えそのものよりも、先生から教えられた通りの手順で問題を解くのに専念してしまっている。こちらが「こういう別の解き方もあるんだよ」と説明しても、それでは先生に注意されるかもしれないからダメだとなどと平気で言う。今の算数教育は、かえって子供の自由な解決能力を削いでしまっているのだ。なにかと学力向上が叫ばれやかましい昨今であるが、単にカリキュラムを増やしたりするより、こういう手続き主義的な教科内容を改めることの方が優先である。単に授業時間を増やせば学力も上がるなどと思ったら大間違いだ。

|

« 読売、中国の手に落ちる | Main | ムルティプラに乗ってきた »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 小学校の算数は回りクドすぎる:

« 読売、中国の手に落ちる | Main | ムルティプラに乗ってきた »