« July 2006 | Main | September 2006 »

読売、中国の手に落ちる

本日の首相の靖国参拝を受け、読売が下記のように伝えている。

首相参拝、米政府は日中・日韓関係悪化を懸念

本文冒頭で「米政府は、小泉首相の靖国神社参拝で日中、日韓関係が一層悪化し、北朝鮮の核問題などへの各国の対応の足並みが乱れかねないことを懸念している。」と伝えている。

だが具体的に誰がどう言ったのかはまったく書かれていない。8月の記事だというのに7月のブッシュ談話を繰り返し、挙げ句の果てに「(ホワイトハウス関係者)」というような誰だか分からない者が言ったとされる「『ポスト小泉』を待つしかない」という見解を、米政権の一般的な味方だと断じている。アメリカが参拝に反対していると印象づけたいが為の記事である。

以前の読売の論調は明らかに違っていたと思う。それがいつからか変わってしまったのは、最近になって、中国支社のようなものができてからだ。読売もついに中国共産党の手に落ちてしまったのは残念だ。

さて本日、私自身も参拝に行ってきた。そこで他の参拝者達が口々に「今年は多いねぇ」と言っているのを耳にした。もし彼らの言う通り例年に比べて多かったとして、何社の新聞社がそれを報じるだろうか。相変わらず軽く無視して、国民の大勢が反対であるかのように報じ続けるに違いない。

追記:

その後、今年の参拝者が例年の20万人から5万人増えた25万人だった事が報じられた。

首相も一役?15日の靖国神社、参拝者は25万8千人

が、これは社会面での報道であって、言ってみれば明治神宮の初詣客の賑わいを報じるのと変わらないレベルの報道の仕方だ。読売は決してこの5万人の「民意」を認めようとしない。

5万人の日本人の民意はたった二行の記事で片付ける一方で、たった190人の香港人の民意は浪花節のようにネットリ歌い上げるこのバランスの悪さ。

首相の靖国参拝、香港で8団体190人が抗議デモ

やはり中国の手に落ちた読売。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

太田光 中身はただのオコチャマ

太田光は歴史問題を巡る番組の中で、「戦前の歴史を勉強するのが怖い」と言っていた。その理由は、「それで自分が納得(戦前の思想を受け入れる)してしまったらどうしようと怖い」のだそうだ。

太田はもう40歳を過ぎているというのに、何をオコチャマのようなことを言っているのだろう。戦前の思想が正しいと思えるのなら、それで別に良いではないか。しかし、それでは彼の信念である平和至上主義が壊れてしまい、アイデンティティ崩壊のような状態に陥るとでも思っているのだろう。なんとも皮かむりな男だ。

この大きなコドモが、あろうことか、自分より高齢な世代の人間に向かって、「俺たちの世代はあなた達よりすぐれていると思っている」と暴言を吐いた。冗談ではない。戦争から平和へ、そして高度成長へ、そしてバブル崩壊へ。何度ものアイデンティティ崩壊を乗り越えてきた世代の人間に向かって、お花畑の夢想家ごときが偉そうにものを言うな。

挙げ句、「なんで戦後後すぐに戦争の総括をやってくれなかったんだ!」と、誰ともつかず食ってかかる始末。これも自分で知るのが怖いから誰かやってくれたらと、そういう情けない理由である。戦前が正しいと思うなら大きな声でそういえばいい。もしそれが間違っていたと思うなら、即座に改めればいい。人は常に決断せねばならない存在であるし、その決断はいつでも改める事ができる存在なのだ。こんなことは大人であれば当然知っている事の一つである。

太田は家庭も持っているし、仕事は中堅の域に入って脂がのっているし、どこからどう見ても立派な大人ではあるのに、それが蓋を開けてみたら中身がこんなオコチャマだったというのは、私は少しショックである。道行く大人達の中にもこんな未成熟な人間がいっぱいいるのかと思うと、真剣に今の日本が心配でならない。太田は、歴史だ戦争だ平和だと大げさな事を言う前に、まず自分自身を真剣に振り返った方がいい。はっきり言って、今のレベルでは並みいるゲスト達と議論を交わす資格すらない。

あるいは、こうも未熟な自分の内面をテレビで吐露できるというのは、よほど「いい人」なのだろう。もちろんこれは全然褒めてない。もしそう言われて少しでもほくそ笑むような素振りを見せたら、もう末期症状である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2006 | Main | September 2006 »