« April 2005 | Main | July 2005 »

体罰について

おそらく今では教師による体罰はリスキーな行為となるのだろうが、私(たち)が学生の頃はまだたくさんあった。

いい年になって我が身の若い頃を振り返れば、自身の受けた体罰に何かしらプラスの意味を見いだす人もいるのかもしれないが、少なくとも私に取っては何の意味も成さなかった。それというのも、教師による体罰というもののほとんどが教師の個人的な感情に基づく「キレた」上での行為であり、生徒にとって何の説得力も無かったからだ。

例えば今でも覚えているのは、昼休みを待たずして弁当を食べてしまう早弁、出席を取る時に欠席している人間の代わりに返事をしてあげる代返。そのどちらも私は当事者ではなく傍観者ではあったが、いきなりその生徒をはり倒した教師を見て、あっけにとられた。普段暴力を振るうような先生ではないのに、突然「キレた」からである。早弁も代返も悪い事には違いないが、初犯(?)なら口頭指導で何ら過不足のないこと。しかしその時の教師が「キれて」しまったのは、なんだかよくわからないが、とにかくその先生の「地雷」に相当するスイッチに触れてしまったということなのだろう。人は誰でもそんなスイッチを持っているものである。他の人から見れば「なんでそんなことに…」と思うような所で急に怒り出したりする。教師だって一人の人間なのだからそういうところがあって当然ではある。

ただそれは職務上の立場を利用した単なる暴力行為にしか過ぎず、何らかの教育的効果を狙った「体罰」とは、とても言えないのである。傍の生徒から見ていても、キレて殴っているというのは明白なので、みっともないことこの上ない。上記二つの例でいうと私自身は傍観者であったことは既に述べたが、そこから学んだことといえば、その二人の先生の個人的なスイッチを発見したことだけである。こんなご機嫌取りみたいな学習がその後の人生の糧になるわけがない。(まあ、社会人になって上司に取り入るには少しだけ役に立つかもしれないが。)

このように、私のような中年でさえ学生時代の体罰などろくなものではなかったのだから、いわんや今の学校でそのような行為を肯定する材料は一つもないであろう。

ただ、一人だけ例外の先生が、いるにはいた。かなりお年を召した、しかもかなり小柄な先生なのだが、すこぶる恐ろしく、授業中何回平手が飛んでくるか分からないような先生だった。些細な事でもすぐ平手が飛んで来るので、どんなに模範的に振る舞っていても、在学中にその先生の殴打を避けるのはほとんど不可能と思われた。まるで軍隊のような雰囲気である。どんな大人しい生徒でも名前を呼ばれれば体中の力を振り絞って返事をし、全速力でその先生に向かって走っていく。そうでなければ容赦のない殴打が飛んでくる。一回り以上小柄な先生が、やたら手足の伸び切った高校生数十人、時には数百人を一喝する様は壮観ですらあった。とにかくその先生の発する気合いに圧倒されてしまうのだ。その割に、職員室で雑務をこなしている時の先生は、どこか生気が抜けたようにも見え、ただの小柄なおじいちゃんとしか写らなかったりする。それがいざ生徒を前にすると豹変するのだった。この先生はいつも生徒に100%の全力を強要する代わり、自身もいつも100%、いやそれ以上の力を振り絞って生徒に相対していたのであろうと思う。

その先生が具体的にどんなことで怒り出すのかについては、あまりに多すぎて忘れてしまったが、ただ私たち全員がそこから学んだであろう事は一つはっきりしている。それは「つまらん小細工をするな」ということである。その先生は、とにかくしかられまいとするだけの生徒のあざとい行動を即座に見抜き、そんな時はいつもより執拗な罵声と平手打ちが続くのだった。とにかく子供というものは大人や教師に取り入って、波風を立てぬよう対策を立てるものである。私たちはこの先生の前で、それまでのそんな姑息なやり方をすべて暴露されてしまった。「何事も全力で当たり、それでも失敗したら素直に二、三発殴られれば良いのだ」 ー そんなあきらめた風でいて、しかしどこか潔い感覚が、確かに体の中に残っている。

これは体罰が教育の中でバランスを保っていた旧秩序の最後の名残である。何かと言うとはり倒され、しかしああこういうことなのかと妙に納得できる部分もあるものだから、うらみがましいことを言う生徒など一人もいなかった。他の厳しい先生に対しては、お礼参りしてやるだのなんだの息巻く生徒も、この先生に関しては何も言わない。この時の生徒の何人かは教師になったかもしれないが、現代においてこの世界観を生徒達に伝える事はまず不可能である。これからの子供達は、こうした旧秩序の弊害を知る事はあっても調和を知る事は永久に無い。それに変わる新秩序を打ち立てるにはまだ時間が必要だろうし、旧秩序をなぞらえるよりもよほど難しい作業になるはずである。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

歯磨き販促活動にご用心

子供が通っている小学校で、「シグナルキャッチ」なる商品による検査が行われた。これは直接歯の状態をチェックする歯科検診とは違い、唾液中の細菌量を量るものだ。あまりに細菌が多ければ当然虫歯になりやすい…らしい。

ちなみに我が家の子供の歯磨きは、親が最終チェックをいる行っている。その前日も隅々まで私がブラッシングしていたので、ほぼ問題は無かったはずである。もちろん私の歯磨き方法がベストだなどと思い上がってはいないが、少なくとも本人がやるよりは、他人が口の中を見ながらブラッシングした方が磨き残しは無いはずだ。

にもかかわらず、検査結果は三段評価中最下位だった。普通ならここで「もっと歯磨きをきちんとしなければ…と反省すべきところなのかもしれないが、私にはどうしても腑に落ちないところがあった。

まずこれ以上の歯磨きは歯をすり減らす結果になりはしないかということだ。歯科医によって意見が分かれるようだが、必ずやるなら朝と晩の二回で十分という医師もいる。共通しているのは、磨き過ぎに対する警鐘である。磨かないのは論外だとしても、磨き過ぎも良くないということで歯科医の意見は一致している。

もっとも、「磨かないのは論外」だと言い切ってしまったが、これもいっぺん疑ってみた方がいい常識かもしれない。これだけ歯磨きしていても虫歯になるのなら、歯磨きが無い時代の人間はいったいどうなっていたのだろう?これについては興味深い記述がある。

歯磨きの歴史的背景を考え、先祖の歯磨きを考えてみる。
温故知新
http://www.honda.or.jp/okuchi-kenkou/html/okuchi13.html

昔なりの歯磨き法は縄文時代からあったけれども、それは爪楊枝であって、現代風のバカ丁寧なブラッシングなどはしていなかった。それでも50歳程度まで生きていて、ほとんどの歯が残っているというのは一体どういう事か。

これだけで驚くのはまだ早い。知人の看護師はもっとずっとラディカルな意見を持っている。いわく、虫歯は幼児期に原因となる菌を親から直接感染させられることで起こる。例えば親の使った箸で子供に食べさせたりという行為だ。このような感染源を幼児期に徹底して排除できるなら、その子は一生歯磨きする必要はない。(!) そして彼女は子供が大きくなった今でも歯磨きをさせず、実際それで虫歯が無いそうなのである。

専門家でない私にはもう何を信じたら良いのかよくわからない世界なのだが、最初に戻ってもう一度「シグナルキャッチ」のことを考えてみよう。この検査で妙なのは、具体的にどんな菌を測定し、その菌はどういうプロセスによって虫歯を引き起こすのか、また、検査結果が悪かった子供には今後どういう指導をしていったら良いのか、その辺りの説明が保護者向け資料に一切記述が無かった事である。一方の子供に対しても特に具体的な指導はなかった。「もっとよく歯を磨きなさい」とすら言われていないという。

この結果を知らされた親はどう思うだろう。きっと私のように、「もっと歯磨きを徹底させなくては」と思うに違いない。

その週末、たまたま上野動物園に行った。ゲートの近くには歯磨き製品で有名な「ライオンちゃん」の着ぐるみが二人出迎えており、子供達に大人気である。そのまま園内に進むと、動物のお面をかぶった若い女の子達が子供達を集め、レクチャーやら紙芝居やらを行っている。これだけの数のアルバイトを揃える資金はどこから出て来るのだろう?そして、たまたま学校で「シグナルキャッチ」が行われたその週末のこの販促活動は、果たして偶然といえるのだろうか?

私はことさら陰謀論めいた話を声高に叫ぶつもりは無い。あとは各自が自分で判断すれば良い事だ。参考までに、素人なりの私が考えた対策を記しておく。我が家ではせっけん歯磨き剤を使用しているが、それとてこれまで以上に消費量が増える事は無いであろう事、殺菌作用のあるうがい薬等は使用しないこと。歯磨きは寝る直前と起きた直後の一日二回、水分をたくさんとること、そして食後に比較的安全と思われるガムを義務づけた事だ。言うまでもなく、この義務は子供にたいそう歓迎された。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | July 2005 »